大阪天王寺でどこに行っても何を試しても改善しない坐骨神経痛で苦しんでいるあなたへ

query_builder 2022/01/15
腰について

腰から脚付近が痛んだり、痺れる・立っているときに痛みが出るといった症状でお悩みではないですか?


これらの症状は「坐骨神経痛」の可能性があります。


坐骨神経痛ではお尻、太ももから足にかけて電気が走るような鋭い痛みや痺れ、締め付けられるような感覚、腫れや熱感など様々な症状が見られます。


坐骨とは、仙骨、尾骨と共に骨盤を形成している骨で、座る際に椅子に接触している骨です。


坐骨神経痛は病名ではなく腹痛などと同じく症状を指す言葉で、後述するヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった病気が原因で坐骨を通っている神経が圧迫などの刺激を受けることで発生する神経痛を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。


坐骨神経痛の原因と治療
坐骨神経痛は前述の腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、他にも梨状筋症候群や腰椎すべり症といった病気が原因な場合と、生活習慣や仕事などで同じ姿勢を長時間続けたり繰り返しの運動動作によって腰に負荷がかかり続けることによって発症する場合があります。


この結果、筋肉が硬くなったり緊張が強くなることで坐骨神経が圧迫され、腰から足にかけて鋭い痛みや痺れをおこします。
お尻や太もも、ふくらはぎなどに発生することが代表的ですが、一部分だけが局所的に痛む場合と下肢全体で痛みや痺れが出るといった症例もあります。


坐骨神経痛は病名ではなく症状の総称ですのでまずは検査でその原因となっている病気、あるいは生活習慣による歪みなど痛みの原因を調べる必要があります。


病院や整形外科では原因に関わらず初めは痛みを和らげるための対症療法を行います。


マッサージや薬や注射、湿布などがその代表です。


多くの場合は手術をしない保存的治療が基本とはなりますが、それらの治療によっても痛みが改善されない場合は手術を勧められる場合もあります。


整体院での坐骨神経痛の治療の流れとまとめ
「病院や整形外科での対症療法で改善しなかった」、「色々試したが治らず手術を勧められた」といったケースで整体院を訪れる方は多く、実際に坐骨神経痛は全身の歪みや筋肉の硬化や衰えによって発生しており対症療法で改善することは困難な場合も少なくありません。


薬や湿布などによって一時的に痛みが引いたため放置した結果、再発しやすい身体になってしまい長期間及び痛みに悩まされるという方も多く、これを繰り返すことでさらに痛みが悪化、治りにくくなってしまうという悪循環を生んでいます。


しかし、未病の坐骨神経痛は手術をしなくても歪みの解消や筋力の改善などで回復することが可能です。


整体院では、姿勢矯正などにより歪みを改善するとともに、弱くなってしまったり硬化、弱くなってしまった筋肉を強化することで改善へと導きます。


筋力トレーニングや日常生活での姿勢の改善などの指導も行い、再発しない体作りを行っていきます。また、筋力の回復を行っていく上で適切な栄養摂取も必要となり、そのための栄養指導なども行っています。


様々な治療を試しても改善しなかった痛みや医師に手術を勧められてしまったようなケースでも適切な施術や生活習慣の改善で回復できることがあります。このような症状でお悩みの場合、ぜひ一度ご相談ください。

NEW

  • 大阪天王寺で50肩でお悩みのあなたへ

    query_builder 2022/04/02
  • 大阪天王寺で鵞足炎でお悩みのあなたへ

    query_builder 2022/03/21
  • 変形性膝関節症の改善方法は手術だけじゃない 筋トレやストレッチで改善させる!

    query_builder 2022/03/14
  • 大阪天王寺で変形性膝関節症、半月板損傷の膝の痛みで手術をしようか迷っているあなたへ

    query_builder 2022/03/07
  • 大阪天王寺で再生医療を受けて、半月板損傷、変形性膝関節症の膝の痛みを改善させたいあなたへ

    query_builder 2022/03/06

CATEGORY

ARCHIVE